*Juua Healing*

逗子、葉山、海の近くでリコネクティブヒーリング、リコネクション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アレハンドロ・シリロ・ペレス・オクスラ

full moon bali
マヤ族の最高神官である、ドンアレハンドロ氏の講演会へ行ってきました。

ドンアレハンドロ氏は79歳の高齢ですが声の張り、表情は若々しくエネルギッシュに
溢れているお方でした。


そもそもマヤ族、マヤ暦とは??となりますが、それはとてつもなく長い物語に
なるので、簡単に説明しますと、グアテマラ、メキシコに住んでいる先住民族、
マイオーアトランティス・・・中央アメリカの場所で創造主が最初に来たところでマイオーの部分が侵略
                時代にマヤになった。

マヤの祖先は創造主によりとうもろこしから作られたといわれています。

そもそも今のカレンダーはグレゴリオ暦であり、365日30日、31日、29日、28日とばらばらな
カレンダーでこの地球のリズムと宇宙のリズムと体のリズムとばらばらなのです。
だから人間のからだのリズムが狂ってしまっているのです。

それと違いマヤ暦は自然の摂理に従った暦です。
手と足の指の数20本。
人間の間接は13箇所、、、、、13×20=260日

胎児が母親のオナカの中に居る期間といっしょ、1日2日3日のようなカレンダーも
生命に必要なものから名前をつけていて全てに意味があります。

エイ・・運命の日、旅の日、運命を旅する。
    赤ちゃんのハイハイから歩く過程も旅をする意味合いがあります。
    エイに生まれた子供はeasy going で従順です。。。。。のような意味が1日1日で、
    20日分あります
28日周期のマヤ暦を知っていたのですが詳しくこちらの13×20の説明は興味深かったです。

28日周期は月のリズム、女性の体のリズム、海がめの産卵のリズムと一緒♪



アレハンドロ氏は自分の国の文化を、お互いを、母なる地球を、動物達を愛しましょう!といいました。

「母なる地球と繋がっている人は悪い病気や想いとはつながりません。逆に自分の国の文化を
恥じたり、もともとの文化を変えてしまったり、よその国の文化を真似をして自分の国の文化を
忘れてしまっている人は、悪くなる一方です。」


2012年12月22日のことについて、、

マヤの暦が終わりで地球の最後だともといわれていますがそのことを言っているのはマヤ族ではなく、科学者や、違う国の人々です。

それもグレゴリオ暦での2012年12月22日ということなので、マヤ暦とぴったり同じであるとは
限りません。

確かに2012年の12月には5200年の太陽のサイクルが終わるときではあります。
(いまは5番目の太陽のサイクルです)

「人類が終わるとは限りません、皆さん恐れないでください、ただ太陽のサイクルの周期の終わりであり、そして始まるということは確定しています周期が終わるとき地球は真っ暗になります。その期間が1日か2日3日かは確定ではありませんが、その時期は近いです。その時期が来たとき鳥のように国境をパスポートも要らなくなって自由に飛びまわれるでしょう全ての悲しみは終わります。」

セントラルマグネティクという電磁波の中に宇宙の惑星が入る時期でもあります。これは銀河の中にあるアクセスポイントです。

「みなさんが時間の感覚のスピードが速くなっていると感じる時地球はアクセスポイントに入っています。信念を持って生きてください。
自分達の文化とやり方を大切にしましょう。母なる地球は空気、水、食べ物を与えてくれます、もう戦争や核実験もやめましょう、もう地球を汚さないでください。人類は地球の花です。言葉や文化や色は
違うけれど花である。皆さんは花びら一枚一枚です美しく咲きましょう。」


まとめると、5200年の太陽の周期が終わるということ、終わるときに地球は真っ暗な状態になるということ、そして新しいサイクルが始まり人類はとてつもなくPEACEな時間を過ごせるようになること、
セントラルマグネティクの中に太陽が近づいていて相当なエネルギーが地球にやってくること。

人類は滅亡とか、マヤ暦の終わりととか、色々言われていますが、そうではないですと、、

その時々をありがとうと迎えましょうと!!


長くなりましたが、マヤの神官の言葉はリアルです。なんかたのしみになってきましたね*

http://www.geocities.jp/gratitudegaia/maya/speech-j.htm
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。