*Juua Healing*

逗子、葉山、海の近くでリコネクティブヒーリング、リコネクション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シュタイナー教育

ドイツを代表するのは、ベンツ、、シュタイナー!!

バイオダイナミック農法という宇宙の力を土壌に呼び込み
さまざまな天体からの作用で農作物の成育をする農業に興味があり、シュタイナー思想を知った
のがきっかけです。

そこからシュタイナー教育に共感して、素晴らしい考え方だなあと思って**


日本の小中高の12年過程を1年生から12年生という括りにわける。

*1年生から8年生まで同じ担任の先生で9から12年生はそのつどエポックを担当する
教師が担当する教師がクラスの相談役になる。

*1時限目をエポック授業にしてを100分間、1科目を3週間連続で行う。
算数なら算数、3週間連続で行って、理科や国語はお休みになる。

*教科書がない。エポックごとにノートを新しくして、授業内容を自分で書き入れる、これが
教科書になる。

*テスト、通知表がない、先生による人間描写と成長のプロセス、1から8年生までは通信簿の詩
が贈られ、次の学年で毎朝読み上げられる。


低学年の教室では歌が聞こえ、ノートはほとんど絵で埋められる、教科書がない分、
先生の言っている事柄を聞くという習慣が付いているのでメモを取らずに聞いて質問をする。

聞いて聞いて、その内容をうちに帰ってノートに書く。

12年間教科書無し!! すごい**

先生の話は聞き漏らすまいとみんなの表情は生き生きとしている。


これは駄目、あれはよくない、命のこもっていない遊び道具、テレビゲーム、
食べ物、評価の仕方、疑問を感じることばかり。

もし子供が出来たときのことを考えたら、教育のことはきっと無視は出来ないんだろうなあ。

これが全てではないのだけど、人間としての教育を受けれるシュタイナー教育は、
自分も受けたいなあと思うのでした。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。